目的が定まる借り入れ

目的がしっかりとしている借り入れの場合には、カードローン以外にもそれぞれの対応するローンを利用するといった方法もあります。例えば教育資金としてまとまったお金を借りたいとなれば、カードローンでの借り入れではなく金融機関などが提供する教育ローンの利用も可能となります。

 

ただ、教育ローンなどの目的ローンはその目的以外には使えないため、カードローンのような利便性の高さがありません。また、カードローンのように限度額内での繰り返しの借り入れなども行えないため、追加でお金が必要になった際には再び申し込みを進めなければなりません。

 

その他にも目的ローンにはデメリットがあります。大きな部分としては審査の厳しさで、目的ローンは資金使途が限られるために金利が低く設定されていることで、審査も厳しくなっています。カードローンでは借りられるような方であっても、教育ローンなどの目的ローンでは借りられない場合も少なくないのです。

 

教育資金としての借り入れを考えるならまずは教育ローンからの申し込みを進めてみるのも良いですが、審査通過が難しいと考えられるなら教育資金の借り入れにも適する低金利カードローンで借りるのも手です。

 

銀行での借り入れなら教育資金としてのまとまった借り入れにも向いており、特にオリックス銀行の教育資金でも借りられるカードローンは低い金利と大きな限度額で教育資金に限らず様々な用途に幅広く便利に使えるようになっていると評判です。