審査に通らないとカードローンは意味が無い

カードローンはどれだけ条件に優れているとしても、審査に通らないことには意味がありません。低金利であるとしても限度額が大きいとしても、申し込みを行った後に審査に通過をし、契約をして借りられないことにはどうにもなりません。

 

金利ばかりを見て、限度額の大きさばかりに注目して申し込みをしても、お金が借りられないとカードローン利用という基本となる目的すらも達成できません。まずはお金が借りられること、つまり審査に通ることを重視して考えなければならないので、借り入れ先を選ぶ際にはカードローンの審査基準を重視するのは悪くは無いのです。

 

審査基準とカードローンの条件

カードローンの審査に通るかどうかの基準は、カードローン自体の条件に大きく影響を受けます。金利が低いカードローンであれば金利が高いところに比べると審査基準が厳しくなり、限度額に関しても大きな金額を借りられるところは限度額が少額のカードローンに比べると審査は厳しくなります。

 

代表的な例は銀行と消費者金融で、銀行は低金利で高限度額、さらに利便性にも優れているなどの理由でカードローンの条件としては大変優秀ではありますが、その分だけ審査が厳しくなっています。

 

対して消費者金融は銀行よりも金利が高く限度額も少なくなりがちで、さらに利用における部分でも銀行よりも不便になる場合もあるため、審査基準としては銀行ほどの厳しさはありません。とは言え、消費者金融の審査は誰でも通るといったわけではないので、最低限の基準は満たせないとカードローンの利用は行えません。

 

 

不安なら消費者金融で考える

審査に通るかはそれこそ審査を受けてみないと分かりませんが、だからと言って手当たり次第に申し込みをしたところで審査に通るほど簡単ではありません。まずは審査に通るところに絞って申し込みをする必要があり、無駄な申し込みは控えなければならないのです。

 

と言うのも、カードローンは審査を受けた時点で信用情報機関に履歴が残ってしまうので、多くの余計な申し込みをするとそれだけ多くの履歴が残ることとなります。履歴が残るだけならどうでもいいと考える方もいるかもしれませんが、基本的に申し込み履歴は多ければ多いほどにその後の審査で不利になってしまうので、審査に通りたいのであれば余計な履歴は積み重ねないようにすべきなのです。

 

申し込みをしても審査に通るかが分からないカードローンは、余計な履歴を積み重ねないためにも審査に通る見込みがあるところだけに申し込みを行わなければなりません。低金利が魅力でも審査通過が難しいと考えられるなら銀行カードローンは避けるようにし、消費者金融での申し込みを進めるなどです。

 

判断基準が分からないといった方もいるかもしれませんが、それほどのカードローン初心者であれば特に戸惑うことはありません。自身で安定した収入があり、他社での借り入れがなければ銀行カードローンでの申し込みでも審査通過の可能性も十分にあるため、初心者の方は銀行を選んでおいても良いでしょう。

 

逆にある程度の借り入れがあるなどの方は、銀行での審査通過は難しいので消費者金融となります。消費者金融も大手や中堅などと様々あり、借り入れの件数が多かったり収入があまり多くないといった方は、大手の消費者金融ではなく中堅消費者金融を選ぶのが無難です。

 

中堅消費者金融の選び方

審査基準の面で優れている中堅の消費者金融ですが、大手ではないところとなると借り入れ先が信用できるところなのか、信頼ができるところなのかと不安に思う方もいます。そこで選んでおきたいのが、中堅消費者金融の中でも信頼ができるスルガ銀行グループのダイレクトワンです。

 

ダイレクトワンは中堅消費者金融では珍しい銀行系となり、中堅消費者金融の中でも安心して借りられるカードローンサービスとして人気です。審査基準は大手とは異なり、総量規制の範囲内であれば他社借り入れありでもダイレクトワンは融資可能となるため、多すぎないという条件は付きますが、適切な返済能力を超えない借り入れであれば審査通過も可能となるのです。

 

ただ、いくらダイレクトワンとは言えど、自身で安定した収入を得ていなかったり、他社の返済が正常に行えていないといった場合には、さすがに審査通過は難しいです。あくまで安定した収入を持っており、しっかりとした返済ができる方のみの融資となるので、審査基準が大手とは異なるとは言っても簡単に考えるべきではないのです。

 

通れば好条件で借りられる大手銀行

収入の大きさや信用情報の面でのハードルは高いですが、借りられるのであれば好条件となるのが大手銀行のカードローンです。有名な銀行での借り入れなら低金利となるために返済の負担も大きくならず、余裕のある計画で返済が進められます。

 

困ったときには大変便利なカードローンとなるのですが、そもそもの審査基準が厳しいのがネックです。上にも挙げたように借りられないとカードローンは意味が無いので、いくら条件に優れるからといって真っ先に低金利のみずほ銀行カードローンに申し込みをするなどを考えるのではなく、自身の状況にあったところの審査を受けるようにするべきなのです。